FC2ブログ

思い出ぽろぽろ

0
釣りは、小さい頃から身近な存在だった。物心付いた頃には、煙たがる父にすがって近所の釣り堀にくっ付いて行った。備え付けの、曲がりグセのついた竹の延べ竿。そっけない棒ウキに噛み潰しオモリの仕掛け、おばちゃんが結ぶハリス。父が練りエサを付けて投げ込むと、やがてウキが動き出し、フナやコイが釣れた。父の隣でそれを見ていた。カッコ良かった。自分が釣竿を持つ様になるのも、自然な流れだった。+++車も、身近な存在...